BLOG

【日頃頑張りすぎな女性へ】日頃のストレス、疲れをそのままにしていませんか?

日頃のストレス、疲れをそのままにしていませんか?
病気の予防だけでなく、あなた本来の美しさと健康を取り戻すためにも
日頃の体のメンテナンスは必要です。

女性の社会進出や活躍が社会的に叫ばれている中、
仕事では、対人関係やキャリア形成、
家庭においては家事・育児・介護などの負担も増加し
ストレスを抱える方も増えています。

大したことないと思っていても
知らない間にストレスや疲れが蓄積されるとかなりのダメージに繋がります

多くのストレスにさらされている現代人は、自分自身の許容量を超えるストレスを抱えてても
それに気づかずに無理をしてしまう方も多いかと思います。

私もかつて仕事でのストレス、慢性的な寝不足、悪い食生活などで体調を壊してしまい、
1ヶ月ほど働けなくなったことがあります。

その後も何年も体調不良が続き、とても辛かったです。

もし、早めに自分の体をメンテナンスしておけば
と思ったことも多々あります。

毎日がストレス、いつも我慢してしまう方、
特にまじめな方は、全部自分で抱え込んでしまったり、
誰にも相談できず、我慢してため込んでしまう方は要注意です。

人一倍頑張る方や、責任感の強い方、
ついつい自分のことよりも周りのために
動いてしまう、無理をしてしまう方。

家族のために、
子どものために、
仕事のために、
誰かのために、、、

そういって、ついつい我慢をしてしませんか?

我慢することに慣れっこになってしまって
自分の体から発する危険信号を軽く考えてると、
免疫力が低下し、ガンや感染症を引き起こすなど、
体に大きなダメージを負ってしまいます。

また精神面でも
イライラが募り、怒り、悲しみ、孤独感、無気力になったり、

美容の面でも
ストレスにより、ホルモンのバランスが崩れ、
冷え、肌荒れ、むくみ、老化に繋がります。

大きなダメージにならない前に、ストレスがまだ小さいうちに芽を摘む必要があります。

その方法としては、
リラクゼーションによるメンテナンスが最適ではないかともいます。

病気になってからでは、お金もかかるし、入院しないといけないし、
その間仕事もできないので、収入も途絶えてしまいます。

そうならないために日頃のメンテナンスが必要なのですが、
必要性は感じていてもなかなか自分でメンテナンスなんて
すごく面倒くさいし、大変じゃないですか。

そこでおすすめなのがリラクゼーションサロンでのマッサージです。

病気になって苦しみ、大切なお金を高い医療費に浸かってしまうくらいなら
定期的にリラクゼーションサロンに通って、
リラックスしながら、とろけるような心地よいマッサージを受けて
不調の芽を摘み、心身共に良い状態にするためにお金を使う方がはるかに
良い選択だと思います。

治療が必要な状態なら治療院や病院に行くべきですが、
ちょっとした日頃のストレスや疲れを癒したいのであれば、
プロによるセラピストに体を委ねてみてはいかがでしょうか?

ご案内

当店では、男性の施術者によるリラクゼーションサロン(完全予約制)で、
主に女性のお客様へアロマトリートメントやボディケア(もみほぐし)などの施術を行なっております。
ご来店いただいたお客様には、日々の体のメンテナンスの仕方やセルフマッサージの仕方、
ストレスの一番の原因と言われている、人間関係を円滑にするためのコツ
などをお伝えすることができます。

もし、興味ございましたら、以下の予約ボタンを押して
ご予約をお願いいたします。

コースは 全身アロマトリートメント
90分、120分、150分、180分ございます。

只今、梅雨の不調解消キャンペーンを開催しており、
全身アロマトリートメントの各コースを通常価格より3000引きにて施術を受けることができます。

さらに、全身アロマトリートメントコースお申し込みの場合※、
小顔マッサージや足つぼのオプション(それぞれ30分ほど)、PNFストレッチ(20分〜長くても30分程度)を
無料で受けることができます。(希望者のみ。事前予約が必要です。)

※アロマの施術時間にプラスして事前カウンセリング、お着替え、アフターティー、またオプション施術時間がかかりますので、
時間に余裕を持ってのご予約とご来店をお願い致します。(滞在時間は施術時間プラス1時間半~2時間ほど見ておいてください)

当店は、施術の際のマスク着用、店内の消毒、換気を十分に行い
コロナによる感染予防対策を行っておりますので、どうぞご安心ください。

予約変更やキャンセルも承りますので、
よければお気軽にお申し込みいただければと思います。

●ご予約サイトからのご予約
RESERVA予約システムから予約する

ご覧いただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る